人気ブログランキング |
ブログトップ

このごろの伊麺

ekinviva.exblog.jp

ボディーガード&アサシンズ

昨日見てきました。
ビビアンたち台湾勢がグリーンカーペット歩けなかった、中国映画代表団が映画祭の活動に参加しないなど諸問題まきおこしてますが…。だから〜政治とエンターテイメントは分けようよ。政治問題だったらこっちもきっちり発言します。

オープニングは中国の俳優さん、日本から常磐貴子さんが登場してにぎやかでしたが、段取りがいまひとつでした。挨拶ではみなさん「我希望…」と決まり切ったお言葉でしたし!

ストーリーは1906年、孫文が香港にやってきて清王朝打倒のための密談を行う。清王朝の暗殺団から孫文を守るために民間人が立ち上がる…。辛亥革命前のお話しです。それから100年後、中国人はほんとの自由を手に入れてるのかな…。

映画は香港スタイルです。製作はピーター・チャンですし、音楽は陳光榮だもん!!ドニーは、最後の方にみどころありありです。やられてもやられてもなアクション。最初の方は決起するまでの道のりなので人間ドラマになってます。ニコラスが助演男優賞取っただけあって非常にすばらしいです。今後10年は彼に香港映画を引っ張っていってもらいましょう。そっ、そしてりよん様…りよん様のアクションだけSFになってました…。

来年GW公開らしいです。公開までには謎の字幕も直っていることでしょう…。

昨日はこの映画を見たあと東京國際映画祭でもう1本見る予定でしたが、まにあわず残念。
しかたなく家で「龍馬伝」見ました。
孫文といい龍馬といい、自分も人生半ばすぎなんですから「日本的明天」を真面目に考えて生きなくてはと思ったしだいです。

なんてね!今日も2本見てきます。その前に仕事、仕事!
by saraling | 2010-10-25 13:49 | 映画
<< 恋の紫煙 またまた韓国料理 >>